s

3Dスキャニング・コッピングマシンの紹介

3Dスキャニング・コッピングマシンの紹介

外観
コピーしたい現物を機械にセットし、計測用測定子で外観形状をスキャンしデータ化する。
柔らか材質(粘土細工など)はレーザースキャンも可能(オプション)。
外観
作業台
LED照明付で作業性効率をアップ
作業台
操作性
データの可視化と操作性重視したタッチパネル
操作性

仕様

寸法 幅2,165mm × 奥行1,335mm × 高さ1,750mm
重量 約900kg
電源 三相 200V 40A 8KVA
加工能力 角材最大把握:口120mm 最小:口15mm(爪成型対応)
把握最大長:口720mm 実加工:口600mm ※押しコップ方式
最小長さ:口10mm ※片持チャック方式(爪成型にて対応)
切込深さ(湾曲度合い)ワーク中心より80mm
加工軸 主軸:1000W 左右軸:100W 前後軸:750W 3軸同時制御
カッター軸:750W×2
加工速度 主軸:最大200rpm 左右軸最速 5mm/sec
加工送り速度 最高速時:10mm/sec
スキャン送り速度 最高速時:2.5mm/sec
刃物取付サイズ Rカッター Φ165 × 7t × R3.5 内径Φ25.4(展示機)チップソー対応可
ドリル Φ3mm~Φ10mm
連数 2連同時加工

システムフロー

1. 計測(スキャン)
  • コピーしたい現物を機械にセットし、計測用測定子で外観形状をスキャンしデータ化する。
  • 柔らか材質(粘土細工など)はレーザースキャンも可能(オプション)。
  • 形状スキャン

    形状スキャン

  • レーザースキャン

    レーザースキャン

2. 加工
  • スキャンしたデータプログラムを呼出し、加工開始!
  • 短い製品は片持ちでエアチャッキング。長い製品は押しコップで両端で支えクランプします。
  • 最大ストローク600mmまで (特殊対応は可能) 2軸仕様なので1回の加工で2個製品が出来ます。
  • 自動エアチャックで片持ち

    自動エアチャックで片持ち

  • 押しコップでの両端支え

    押しコップでの両端支え

製作品

関連機種

3Dスキャニング・コッピングマシンVC

3Dスキャニング・コッピングマシンの技術をヴァーチカル加工(平面加工)にも応用し、平面の曲面加工を可能にしました。
椅子の座面や背板などの曲面加工を簡単に復元・量産加工することが可能です。

  • コッピングマシンVC
  • コッピングマシンVC

座面の加工では一般的な大きさの場合10分弱で加工できます。5軸加工機で加工するより圧倒的なスピードで加工できます

また、家具部品だけではなくクラフト小物(プレート皿など)の加工や凹みだけでなく凸部品(膨らみのある部品)の加工などアイデアひとつで今まで苦労した部品形状の加工もできるのが特徴です。

  • コッピングマシンVC
  • コッピングマシンVC
  • 導入までの流れ
  • お問い合わせ
  • よくある質問

ページの先頭へ戻る